不妊の根本的な原因

子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性由来のものとが挙げられると思います。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。

不妊対策をしたいと思ったら、男性、女性、両方が早めに検査をうけることが必要です。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取がもとめられる葉酸ですが、普段の生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもあります。

そんな不安を解消してくれるのがサプリです。

サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、仮にご飯での摂取が不十分だとしても心配する事なく、普段通りの生活を送れます。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を積極的に摂取し初めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

たとえば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。
ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。ですから出産後も、葉酸の摂取によって健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取をつづけましょう。多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。妊娠初期は、多くの方がご飯に気を配ると思います。ですが、それでかえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので注意するようにしましょう。
一番理想的なのは、バランスのとれたご飯による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良いご飯を準備するのも難しいと思います。

そうした時にサプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか簡単に管理できますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には大変便利だと思います。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から初めてみると良いでしょう。

平均体温と基礎体温はちがいます。基礎体温を見ると体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。

基礎体温表は5分もあればつけられますが、変化の少ない朝(起き立とき)に測り、毎日つづけるといった注意点もあるので、きちんと守っていくことが大事です。
一日忘れても根気よくつづけていきましょう。

葉酸の摂取期間についてお話しします。みなさんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。
では、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそれはちがいます。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

不妊がつづく状態を打破するために、普段の食生活の見直しも大切だと思います。精子や卵子は、パパ・ママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)の栄養をベースにして創られるのですから、乱れた食習慣をつづけていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、期待できませんよね。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、バランス良く健康的な食習慣を大事にしていくといいでしょう。

親友の話なのですが、妊活していた頃の話だっ立でしょうが、漢方を欠かさず服用していたようでした。

その子の話によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安心できますね。

その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、皆様でお祝いを計画しています。

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段のご飯だけでは不充分になりがちです。ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段のご飯以外に、サプリによって摂取するのが適切な摂取方法だと言えます。

効率的な摂取のタイミングは、食後三十分以内の摂取が理想的です。

なぜなら通常にご飯によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸のはたらきを充分にいかすことが出来るでしょう。
では、お腹が減っているときに葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、お腹が減っているときの葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。十分な葉酸摂取のために、毎日数多くの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です