入れ歯や差し歯に代わる

新たな技術と言われるインプラント。
使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
外科手術をうけたりゆうですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておいた方がいいかもしれません。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。費用も見積もりを出してもらい、すべて自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛向ことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。

人工歯根を骨に埋め込向ことに、抵抗がある方もいるかもしれないのですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材からつくられています。インプラント治療に保険が適用されることはまずありないのです。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聴くなります。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されないのです。

医療費控除の対象なので、ぜひうけましょう。確定申告することで初めて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告で医療費控除をうけたい場合、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておいた方がいいかもしれません。
みんながインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。ほとんどのケースは保険適用外で、すべて自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもすごく費用がちがうことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要ということもおぼえておいた方がいいかもしれません。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりないのです。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラント治療はすごくの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術し立ところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という審美的な問題が起こることもあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてちょーだい。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きなちがいは、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯を創り、クラウンをかぶせることが可能です。
根元から歯を抜い立ときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です